美しく生きる努力

浜までは海女も蓑着る時雨かな  瓢水

この句は江戸時代の富商で無私無欲の人として逸話の多い俳人、

瓢水(ひょうすい)の作です。

海女はいずれ海に入る。時雨が降っていてもどうせ海で濡れる

のだから構うことはないところだが、たしなみを忘れず蓑を着て

いくその心を美しいとみた句です。

翻って今日、ヒトはなにかというと“どうせ”といって甘える。

たしなみを失い、努力を怠る。みっともないことを平気でする。

特に、若い時は立派だった人も齢をとってくると欲が深くなる。

猜疑心はつよくなる。やることなすこと周囲を傷つけて自身は

気付いていないなど本当に老醜はみじめなものです。

こんな状況は日々の生活で頻繁に目にするところです。

私達は上で述べたことを反面教師として自身をよく労り、

昨日より今日は少しでも向上できるように努めて文字通り

“生涯現役”を目指したいものです。

参照 『知的な老い方』(外山滋比古 著)

Staff M.T

NAOはり灸院


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事